Rescue always – Safety first of all

2022スキーパトロール中央研修会・技術員研修会

  • HOME »
  • 2022スキーパトロール中央研修会・技術員研修会

■スキーパトロール中央研修会
【会期】 2021年12月10日(金)~12月12日(日)
【会場】 長野県・ピラタス蓼科スノーリゾート
【事業の目的】
1.安全対策パトロール部の活動方針・事業内容等の周知
2.スキーパトロール技術員研修会、スキーパトロール検定会・研修会・養成講習会の任務遂行に必要な理論および
実技課題に関する研修
【本部宿舎】 リゾートホテル蓼科
 〒391-0395 長野県茅野市北山4035 TEL 0266-67-2626 FAX 0266-67-2632
【参加者】 
 SAJ安全対策部専門委員

■スキーパトロール技術員研修会
【事業の目的】
1.安全対策パトロール部の活動方針・事業内容等の周知
2.スキーパトロール検定会・研修会・養成講習会の任務遂行に必要な理論および実技課題に関する研修
【申込方法】
 参加希望者は、本連盟会員管理システム「シクミネット」で今年度の会員登録を行い、会員登録料決済後、「シクミネット」マイページからお申込みください。「シクミネット」からお申込みが出来ない場合は、所属クラブまたは所属加盟団体にご相談ください。

□北海道ブロック
【会期】 2021年12月3日(金)~ 12月5日(日)
【会場】 北海道・札幌国際スキー場
【本部宿舎】 定山渓万世閣ホテルミリオーネ
 〒061-2302  北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目
 TEL  011-598-3500 FAX  011-595-2131
【参加者】 北海道ブロックのSAJスキーパトロール技術員
【申込受付期間】 北海道スキー連盟の要項による

□東北・北関東・南関東・甲信越・東海北陸・近畿・西日本ブロック
【会期】 2021年12月10日(金)~ 12月12日(日)
【会場】 長野県・ピラタス蓼科スノーリゾート
【宿舎】 リゾートホテル蓼科
〒391-0395 長野県茅野市北山4035
TEL 0266-67-2626 FAX 0266-67-2632【役員】
責任者:富樫 泰一
主任講師:上杉 一哲 総務:川内 慎吾
特別講師:尾崎 隼士(ナショナルデモンストレーター)
講師:新井 和夫、新村 昌宏、遠藤 秀明、小笠原 崇文、清水 哲治
   内方 陽一、米田 幸雄、小豆澤 幸司

【参加者】 東北・北関東・南関東・甲信越・東海北陸・近畿・西日本ブロック
スキーパトロール技術員(35人予定)

【日程】1日目 12月10日(金)
16:00 役員集合 事業・研修内容打ち合わせ
17:00 受付
17:30-18:30 開会式 ・主任挨拶 ・役員紹介 ・Nデモ紹介 ・技術員紹介・日程説明 
・事務連絡その他(精算,資料配付)※受付時に体調チェックシート配布
18:30 夕食
19:30-20:30 理論研修Ⅰ
・基本動作を見直す(講師 尾崎Nデモ)「ポジショニング」「荷重動作」「エッジング」の理解(DVD)
20:30-21:30 実技研修Ⅰ
・検定内容の確認(1)ロープ(担当 ) (2)救急法(三角巾包帯法,止血法)(担当 )
※開会式・理論・室内実技会場は、3密(マスク着用・消毒・換気)に努める

2日目 12月11日(土)
07:00 朝の集い 担当  (体調チェックシートによる自己セルフチェック)
07:30 朝食 朝食後、スキー場へ移動
09:30-11:30 実技研修Ⅱ 場所 スキー場
① 基礎種目(講師 尾崎Nデモ)
・プルークボーゲン・横滑り・片開きプルーク
・パラレルターン・総合滑降
②搬送種目(講師 専門委員)
・アキヤ搬送(検定種目)
12:00- 昼食
13:00-15:00 実技研修Ⅲ 場所 スキー場
③基礎種目(講師 尾崎Nデモ)
・プルークボーゲン・横滑り・片開きプルーク
・パラレルターン・総合滑降
④搬送種目(講師 専門委員)
・アキヤ搬送(検定種目)
・終了後宿舎へ移動
16:30-17:30 実技研修Ⅳ
・バックボード固定と感染防止(担当  )
・GL2020対応CPR+AED感染防止(担当  )
17:30-18:30 理論研修Ⅱ
⑥研修課題Ⅱ
・搬送種目の確認【DVD視聴】
・研修課題Ⅰ、Ⅲ
・事業要項
18:30 夕食
19:30-21:30 理論研修Ⅲ
⑦2022役員配置について
⑧意見交換(研修課題、検定種目等について)

3日目 12月 12日(日)
07:00 朝の集い 担当  (体調チェックシートによる自己セルフチェック)
07:30 朝食
09:00-12:00 実技研修Ⅴ
⑨ロープアクセス(全員対象)
課題1:要救助者へのアプローチ
課題2:引き下ろし
課題3:倍力システムを使った引き上げ(ホーリング)

12:30-13:00 閉会式 次第
・開式の言葉
・主催者挨拶
・諸連絡
・閉式の言葉 
(閉式後解散)

※1 使用教材・資機材:スキー教程安全編、オフィシャルブック2022年版、資格検定受検者のために
2022年版、ロープ・三角巾・保護ガーゼ、登山用ハーネス(所持する人は持参のこと)、アキヤボート流れ止め、スキー
※2 宿泊について、本部宿舎を予定。部屋割りについては、現地にて指示。


	
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP