Rescue always – Safety first of all

安全対策部概要

  • HOME »
  • 安全対策部概要

安全対策部について

公益財団法人全日本スキー連盟は、わが国におけるスキー界を統括し、代表する団体として「安全で楽しいスノースポーツ」の普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としています。
教育本部は、この目的を遂行するために、「スキーパトロールの育成事業」をその重要な柱として位置付けています。スノースポーツへの視野を広げ、幅広い知識、正しい技術を身に付け、数多くの経験を積んだスキーパトロールの育成が急務となっています。また、安全への高い意識を持ったスキー指導者の育成も重要となってきています。また、「安全で楽しいスノースポーツ」の普及振興中心とした継続事業の充実を図りながら、関係団体や全国のスキー場事業者との連携強化、合わせてルールやマナーの啓蒙活動の推進など、組織的横断的な活動を見直していくことが求められています。

スノースポーツは「スポーツの王者」にふさわしいスポーツです。スノースポーツは,それに参加する人の年代・性別・技能・障がいの有無によらず,整備されたスキー場からオフピステまで幅広い活動の場と多様な楽しみ方を提供してくれます。また,スノースポーツは,自然環境と共生しながら、スキーやスノーボードという道具を使用し、重力や遠心力などの物理法則を効率よく活用して、冬の大自然を体感できるスポーツです。

かつて「若者のスポーツ」と呼ばれたスノースポーツも、鮮やかなスキースーツにヘルメット姿のシニアスキーヤーの割合が増加し,特にアルペンスキーにその傾向が顕著に見られます。その要因の一つとして、用具の進化により開発されたカービングスキーやロッカースキーという容易な操作性を持ったスキー板の誕生が、その傾向に拍車をかけました。さらに世界的な経済不況は、働き盛りの年代のスノースポーツを楽しむ時間と余裕を奪い、スキーヤーに占める高齢者の割合を相対的に増加させました。

近年のスノースポーツ用具や用品の進化と多様化により、だれでも簡単に雄大な大自然の中でオフピステスキー(バックカントリースキー)を楽しむことができるようになりました。特に、ファットスキーやロッカースキーの登場により、これまでのゲレンデスキーだけでは満足できないスキーヤーが、オフピステスキーを楽しむようになりました。オフピステスキー専門誌の登場もその人気を後押ししています。しかし、オフピステスキーブームの陰で、ケガや天候の急変による遭難事故が多発しました。ところが、オフピステはスキー場安全管理区域外のため、捜索や救助費用が個人負担となるなど、大きな社会問題として取り上げられています。

このように、スノースポーツは「楽しさ」と「危険性(リスク)」を併せ持ち、スノースポーツを取り巻く環境は、時代の移り変わりと共に刻々と変化していることをスノースポーツ愛好者や指導者は十分に認識する必要があります。また、スノースポーツが真に安全で楽しいものとするために、スノースポーツ愛好者、指導者、スキー場管理者、用具・用品メーカー、関係する民間や行政機関など、スノースポーツに関わるすべての人々が力を合わせて、安全への対応や対策を立てることが大切な課題となっています。

「日本スキー教程安全編・公益財団法人全日本スキー連盟編」
(発刊にあたって)より一部抜粋

安全対策部の任務と業務

(教育本部規程501より抜粋)

(任務)第1条

(2)スキー,クロスカントリースキー及びスノーボードの傷害防止に関する調査研究
(5)スキー,クロスカントリースキー及びスノーボードの安全対策の確立
(8)スキー,クロスカントリースキー及びスノーボードの指導並びに傷害防止に関する図書出版並びに監修

(組織)第2条

(4)安全対策部は,安全対策委員会を置く。

(教育本部内規502より抜粋)

第2条(4) 安全対策部

安全対策委員会は,検定及びスキーパトロールの強化育成並びに安全対策の調査研究を行う。また,国際スキーパトロール連盟と連携を図るほか,研修に関する業務を統括し管理する。

第5条 専門委員及び技術員の任務は,次の各号に掲げるとおりとする
(1)専門委員は,教育本部所管事項について理事会の諮問に応えると共に,教育本部行事の企画運営の実務に当たるものとする。とくに広い視野に立ち,スキー,クロスカントリースキー,スノーボード及びパトロール技術の研究,普及に努め,指導員並びにパトロールの資質向上のために技術の研鑽に努めるものとする。
(3)パトロール技術員は,常に専門委員に協力し,安全対策部所管事業・業務の遂行に協力するものとする。

安全対策部の組織

部長・委員

氏名所属スキー連盟役職安全対策部役職
竹本 晴美秋田県理事部長
秋元 洋一北海道専門委員委員長
鈴木 恵太山形県専門委員副委員長
富樫 泰一茨城県専門委員副委員長
上杉 一哲神奈川県専門委員委員
遠藤 秀明福島県専門委員委員
影山 広美北海道専門委員委員
川内 慎吾新潟県専門委員委員
須藤 光春青森県専門委員委員
田村 一司長野県専門委員委員
細川 哲明岐阜県専門委員委員
米田 幸雄兵庫県専門委員委員

スキーパトロール技術員

NO加盟団体氏名性別
1北海道後藤 博昭
2北海道籔  智樹
3北海道奥島 玲子
4北海道山森 智文
5北海道鵜川 智江
6北海道岡部 秀文
7北海道宇山 潔
8北海道山村 誠
9北海道土澤 満
10北海道高橋 清一
11北海道水尻 健二
12北海道沼澤 伯人
13北海道松本 年弘
14北海道小林 勝弘
15北海道角張 浩規
16北海道相原 良憲
17青森県小笠原 崇文
18青森県福士 知史
19岩手県高畑 伸也
20岩手県菅原  健
21宮城県三神 良太
22宮城県奥山 光幸
23秋田県加茂谷 正人
24山形県太田 和明
25福島県馬場 相任
26福島県熊久保 勅明
27栃木県新井和夫
28群馬県森山 直温
29群馬県中澤  卓
30埼玉県杉田宏恵
31東京都織田 久
32東京都三井 晃一
33東京都班目 敦子
34東京都保坂 淳司
35神奈川県山川 正一
36神奈川県佐藤 公一
37神奈川県三宅 秀一
38新潟県辺見 秀利
39新潟県石田 英之
40長野県大月 照治
41長野県新村 昌宏
42長野県松本 健志
43富山県原野 浩司
44石川県南  順正
45福井県前田 初志
46福井県吉田  守
47岐阜県中島浩二
48岐阜県内方 陽一
49愛知県西部 廣明
50滋賀県片岡 弘明
51鳥取県汐田 真澄
52広島県平川 朝水
53徳島県青木 政明
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © (公財)全日本スキー連盟安全対策部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.