Rescue always – Safety first of all

2018年度安全対策部検定情報

1.公認スキーパトロール検定受検にあたって

(1)公認スキーパトロールとは

スキーパトロールの使命は、スノースポーツを楽しむすべての人々に、高品質の安全・安心なサービスを提供することです。また、スキー場のマイスターとしてすべてのスキーヤーから信頼される存在となるために、スキーパトロールに必要な知識と技術に加え、ホスピタリティ、弛まぬ向上心、スキーパトロール同士の強い連帯感、リーダーシップ、責任感を兼ね備えることが望まれます。これらを実現するために、次のような知識や技術を習得し、任務にあたる必要があります。

  1.  スノースポーツのリスク分析と傷害予防・安全マナー指導に関すること
  2.  スキー場の整備と巡視等の安全対策に関すること
  3.  傷病者の救護・搬送・事故処理に関すること
  4.  索道からの旅客救助に関すること
  5.  バックカントリー・雪崩・気象に関すること

さらにスキーパトロールは、次に掲げる義務・任務を負います。

  1. 公認スキーパトロールの使命を完遂するため、スキーパトロール研修会に2年に1回参加し、修了しなければならない。また、その他の関連研修も積極的に受けるものとする。
  2. 公認スキーパトロールは、加盟団体や所属団体の事業には優先的に参加しなければならない。
  3. スキー場の常勤・非常勤・ボランティアスキーパトロールは、スキー場の安全管理・安全指導や救護活動に積極的に関与するものとする。
  4. その他救護活動等への協力を求められた場合、積極的に関与するものとする。

(2)受検資格

  1. 本連盟登録会員で級別テスト1級以上であること。
  2. 赤十字救急員認定証、または赤十字雪上安全救助員Ⅰ以上の認定証の交付を受けているか、救急Ⅰ課程修了者(消防学校において,135時間以上の教育を受けたもの),医師・看護師又は、救急救命士の資格を有すること。
  3. 受検する年度の4月1日現在、20歳以上。
  4. 加盟団体が実施するスキーパトロール養成講習会を検定会までに修了し、修了証によって証明された者。ただし、修了した養成講習の有効期間は3か年とする。

 (3)検定会出題範囲

検定は、「公認スキーパトロール検定規程」及び「公認スキーパトロール検定基準と実施要領」に示された内容・方法で実施します。
理論テストは、「日本スキー教程安全編」(2016年11月発行)「2018年度教育本部オフィシャルブック」より出題します。
ロープ操法テストは、「日本スキー教程安全編」(2016年11月発行)より8種目出題します。
救急法テストは、「赤十字救急法講習教本」より8種目出題します。
スキー実技(基礎種目)は、「公認スキーパトロール検定基準と実施要領」別表①により実施します。
スキー実技(搬送種目)は、「公認スキーパトロール検定基準と実施要領」別表②により実施します。

(4)公認スキーパトロール養成講習会概要

(1) 養成講習は、集合講習12時間、自主学習16時間とし、加盟団体が実施する。
1) 理論講習 12時間(集合講習 4時間、自主学習 8時間)
2) 実技講習 16時間(集合講習 8時間、自主学習 8時間)
(2) 養成講習実施要領は別表③のとおりとする。

(5)義務研修

平成29年7月15日開催の第5回理事会に於いて、公認スキーパトロール規程が改正されました。
それに伴い、2018(平成30)年度から、スキーパトロール資格の義務研修は、3年に1回の義務研修から、2年に1回の義務研修に変更になり、2年続けて研修会を受講しない場合は、公認スキーパトロール資格が停止になります。
但し、以下のとおり、2017(平成29)年度までに、スキーパトロールを取得された方は、取得年度から3年間資格が保有され、スキーパトロール研修会を受講された方も同様に、受講年度から3年間資格が保有されます。

スキーパトロール資格取得年度
またはスキーパトロール研修会受講年度
研修会受講期限
2015年度 2018年度
2016年度 2019年度
2017年度 2020年度
2018年度以降 資格取得または受講年度+2年

2.公認スキーパトロール検定及び養成講習の実施要領

別表① 公認スキーパトロール検定 基礎種目テスト実施要領

区分 実技種目 回転数・斜面 実技の内容 評価の内容
制動技術 ○プルークボーゲン ・整地/中急斜面・中回り・6回転~8回転 スキーパトロールとして必要な技術 制動を主体とした回転技術 ・ターン運動の構成(ポジショニング、エッジング)・斜面状況への適応度(スピードと回転弧のコントロール)・運動の質的内容(バランス、リズム、タイミング)
○横滑り ・整地/中急斜面・斜め前方〰真下〰斜め後方・左右1回ずつ スピードコントロールと方向維持
○片開きプルーク ・整地/中斜面・左右2回の切り換え・直進、ストップゾーン指定
応用技術 ○パラレルターン ・整地/急斜面・小回り 滑らかで安定したスキー操作
○フリー滑降 ・不整地を含む総合斜面・状況に適合する方法を活用 各種地形・雪質への対応滑らかで安定したスキー操作

別表② 公認スキーパトロール検定 搬送種目テスト実施要領

区分 実技種目 回転数・斜面 実技の内容 評価の内容
搬送技術 ○浅まわり搬送 ・整地/緩斜面・6~8回転 ・アキヤボートを使用・後方1人操作で仮傷病者を乗せる・プルーク技術を応用 ・安定を優先したスムーズな操作・指定条件の達成
○大まわり搬送 ・整地/緩〰中斜面・6~8回転 ・アキヤボートを使用・後方1人操作で仮傷病者を乗せる・条件状況に応じた技術を選択
○真下搬送 ・整地/中急斜面・左右2回の切り換えとストップゾーン指定 ・アキヤボートを使用・後方1人操作で仮傷病者を乗せる・横滑りとプルーク技術を応用

別表③ 公認スキーパトロール養成講習実施要領

I.理論講習 12時間(集合講習 4時間、自主学習 8時間)

講習科目 時間 内容
1.序論 0.5 ①スノースポーツを取り巻く環境 ②スノースポーツに内在する危険 ③スノースポーツ事故の実態 ④事故と法的責任 ⑤安全なスノースポーツ環境の創設に向けて
2.安全な滑走のために 0.5 ①スキーヤーの責務 ②引率者・指導者および受講者の責務 ③救助義務 ④ジュニアスキーヤー,シニアスキーヤーの安全対策 ⑤スノーボーダーの安全対策 ⑥競技スキーの安全対策 ⑦スキー用具と安全
3.スキーパトロール概論 1.0 ①スキーパトロールとは ②スキーパトロールの業務内容
③スキーパトロールに求められる知識・技術
④スキー場の運営
4.スノースポーツ医学 1.0 ①スノースポーツ救急法概論 ②スノースポーツの外傷・障害
5.山岳スキー  1.0 ①バウンダリーを越えることの意味 ②基礎知識・基本技術
③装備 ④冬山の気象学 ⑤雪崩 ⑥捜索費用・保険

II.実技講習 16時間(集合講習 8時間、自主学習 8時間)

講習科目 時間 内容
1.基礎種目制動技術 2.0 スキーパトロールとして必要な、制動技術・回転技術・総合技術を用いた

  • プルークボーゲン
  • 横滑り
  • 片開きプルーク
2.基礎種目応用技術 1.0
  • パラレルターン・小回り
  • フリー滑降
3.搬送種目 3.0 仮傷病者を乗せたアキヤボート後方一人操作で

  • 浅まわり搬送
  • 大まわり搬送
  • 真下搬送
4.ロープ操法 1.0 日本スキー教程安全編に示すロープワーク
5.救急法 1.0 赤十字救急法講習教本に示す三角巾包帯法
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © (公財)全日本スキー連盟安全対策部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.